青クマの対処方法!

 

血液の循環をよくしましょう!

 

血行不良が原因の青クマは、血液の循環をよくすることによって改善することができますので、
その改善方法を紹介します。

 

 

@目元を温めましょう!

 

もし朝起きたときに青クマがてきていた場合、一番てっとり早く改善する方法は、蒸しタオル(ホットタオル)を目の上にのせて温め、血行をよくすることです。
蒸しタオルはの作り方は水を含ませたタオルを絞り、電子レンジで1分〜1分半温めるとできます。
温め終わった後に強くまばたきをすると、さらに血行を促進することができますので、こちらも行いましょう。

 

A血液をサラサラにする食材を摂取するように心がけましょう!

【血液をサラサラにする成分を多く含む食材】
・カシスポリフェノール:カシス
・葉酸:キャベツ・枝豆・焼きのり・レバーなど
・鉄分:レバー・あさり・ほうれん草・ひじきなど

 

 

 

B血流を促進させるツボ押しを行いましょう!

 

ツボ押しは洗顔後のスキンケアの後に行いましょう。
また、強く押したり、何回も押してしまうとよくないので注意しましょう。

以下の3つのツボを3秒押します。
これを3セット行いましょう。

 

・晴明のツボ:左右の目頭・鼻の横
・球後:左右の目尻から目の下を、目頭までの4/1入ったところの骨のふち
・四白:瞳の真下の骨のふちから、指1〜1.5本分、下にあるくぼみ

 

 

アイメイクでクマを消しましょう!

 

朝できてしまった青クマを、すぐにすべて消すことは難しいので、仕上げにアイメイクで消しましょう。

 

オレンジ系かピンク系のコンシーラーを目元にのせます
→その上に、イエロー系のコンシーラーを広範囲で重ねます
→仕上げにファンデーションでお肌全体を整えます

 

このアイメイクをすると、青クマができてしまっても明るい目元になります。

 

コラーゲンを増やしましょう!

 

皮膚が薄い目元のコラーゲンを増やして、お肌をふっくらさせると青クマが目立ちにくくなりますので
その方法を紹介します。

 

 

@レチノール配合の化粧品を使用しましょう!

 

レチノールはビタミンAの一種で、肌の奥にある線維芽細胞を活性化させます。
線維芽細胞が活性化されるとコラーゲンが増えます。
レチノールは紫外線を浴びると効果が弱まってしまいますので、
夜のケアだけでなく朝のケアもする場合は、日焼け止めとファンデーションでカバーしましょう。

 

A週に1回ピーリングを行いましょう!

 

ピーリングとは角質除去をして、お肌のターンオーバーを促進させる効果があります。
角質除去を週に1回行うと、コラーゲン生成力が促進されます。

青クマの再発防止方法!

毎日十分な睡眠をとりましょう!

 

 

睡眠不足は血流を悪くする最も大きな原因です。
ほとんどの青クマは睡眠を十分にとると改善されますので、できるだけ早く寝るように心がけましょう。

 

体を冷やさない生活習慣を心がけましょう!

 

 

@適度な運動を取り入れて体を動かすようにしましょう!

 

運動不足になると筋力が低下してしまいます。
筋力が低下すると、血液を送る能力が低下していまい低体温の原因になります。

 

Aタンパク質・ミネラルをバラスよく毎日摂取しましょう!

 

タンパク質・ミネラルを摂取すると体内でエネルギーを作り、それが熱となって体を温めます。

 

【タンパク質・ミネラルを多く含む食材】
・タンパク質:しらす干し・いわし・牛肉・ささみなど
・ミネラル:牛乳・大豆・レバー・カキなど

 

B毎日入浴しましょう!

 

シャワーだけで済ませずに、毎日湯船につかり体を温めることによって血流をよくすることができます。
とくに、翌日の青クマの再発防止に効果的です。


このページの先頭へ戻る